« ◎最近のテーマ | トップページ | ◎4年生・6年生・8年生 »

2004年7月23日

◎息継ぎの少ないクロール

↑で,泳いでいるような気分です。

花博も折り返しターンを過ぎて,残り八十数日,ゴールは確実に見えています。
しかしキツイ。

7月に入ってからの,鍋の底のような会場の暑さ,に加え
営業時間延長,めっきり減った入場者。

悪条件が重なっているため,自分を含め,スタッフのモチベーションの
維持が難しい。
そして,最初のころは「仕事できない人」が問題だったのが,
最近はむしろ「仕事できる人」の方が問題です。
ごくごく,一部の人のケースですが

・ケース1
 「仕事できる人」から,こちらへの要求が増加
 →私,全部は聞いてられない
 →できる人,不満たらたら
 →できる人,明らかに仕事の質が下がる
 →私,注意する
 →関係悪化して悪循環

・ケース2
 できる人,周りへの影響力を持つようになって
 (あるいは持ちたくて),私や事務局スタッフへの不満を散らす
 →スタッフ全体に上への不信感が募る
 →スタッフから文句が増える
 →スタッフ,モチベーション下がる
 →私,まいる

5月に辞めてもらった人は,まさしくケース2になりかけでした。
あまりにあることないこと(ないこと90%)言うので,
どうしようもなく,現場から去ってもらいました。
もちろん,まったくの独断ではなくパビリオンの事務局の方と相談し,
いろいろなスタッフから裏を取って,一週間考えた結果のことでした

うまく抑えることができなかったのは,それはもう私の力不足ですが,
それにしても,そのことについて会社サイド(それも花博にまったく
タッチしてない先輩)からきつめに説教されたことは,
もぉー意欲50%減,うす塩,でした。

そのこと(4行上のこと)と同じような状況が最近あって,
もぉぉー相当な%減,当社比,でした。
なにしろスタッフから直接社長に電話して,私への不満を
ぶちまけてるから効き目抜群です。(直接私に言えばいいのに。。)
そういう時に信頼されているかどうかが出るんだと思います。
で,まあ信頼がなかったと。

現場にいない人からとやかく言われると,腹が立つ前に本当に,
意欲がひゅるひゅるとしぼみますね。

自分含めた運営スタッフに対して
クライアントである,館のディレクターからのクレームは
なきに等しいんです。これは自信もって言えます。
なのに,どうも身内で足を引っ張り合ってるような気がしてならない。

難しいもんです。

|

« ◎最近のテーマ | トップページ | ◎4年生・6年生・8年生 »

i.浜名湖花博業務日誌2004」カテゴリの記事

コメント

最近の流行にコーチングというのがあります。

・「『頑張りすぎる人』が会社をダメにする」(日本経済新聞社)
・「『ほめる』技術」(日本実業出版社)
など、最近読んだ中では面白かったです。
気が楽になるかも。ですよ。

(メアドは%%の間は不要です。念のため。)


投稿: 鍋 | 2004年7月23日 09時41分

なにをやってもきつい仕事が減るわけではないけれど、雰囲気で能率は大きく変わります。
立場は下なのに自分より仕事ができる人がいるとしたら、取り入れるかどうかはとりあえず別にして、積極的に意見を聞きに行くようにすればいいんじゃないかなぁ。
始めはひらたが苦労するだろうけど、雰囲気がよくなってきたら結果的には楽になるのでは。
そう思いました。
鍋氏の紹介している系統の本を読むことをオススメする。強く。

投稿: hig | 2004年7月23日 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20037/1030553

この記事へのトラックバック一覧です: ◎息継ぎの少ないクロール:

« ◎最近のテーマ | トップページ | ◎4年生・6年生・8年生 »