« 静かに戦う | トップページ | 俺が怖いか! »

2006年7月 6日

逆風を感じるのはあなたが走り出したから

・FIFAワールドカップ2006の日本代表チームについて
 いち観戦者としての自分なりの総括

 対オーストラリア戦  :致命傷
 対クロアチア戦    :生殺し
 対ブラジル戦     :とどめ
 
 ナカタ引退宣言  :お葬式の花輪

・結局2週間かけて、じわじわと逃げ場を塞がれ、
 なぶられたあげく敗北という、これ異常なく
 残酷なやられかた。

・いやーつらかった。

・ついでに言うと日本代表の試合結果と
 呼応するかのように、仕事その他ひらたの
 日常生活も負けっぱなしです。

・結局僕らは、日本人であって、決定力が
 無いだとか組織と個人の間で揺れ動くとか、
 気持ちで負けているだとか、
 気を使うばっかで有益な衝突が無いとか、
 いろいろと日本代表チームに対して
 投げかけられる言葉は そのまま僕らにも
 帰ってくるものだと思います。

・まさに日本代表。
 そして、ああ自分もどうしようもなく日本人。

・いやーつらいわ、今。(でも泣かない)

|

« 静かに戦う | トップページ | 俺が怖いか! »

f.某協会事務局日誌2006」カテゴリの記事

コメント

いっそ、帰化した連中だけで構成してみるとか。
サントスとかロペスワグナーとかトゥーリオとかw

投稿: きだむ | 2006年7月 6日 08時39分

まぁ、フランスやオーストラリアみたいに
移民や帰化した選手がチームの主力にいるのは
そんなに珍しくないからね。

日本ももし移民政策が変わると仮定したら
2046年ぐらいにはそういうカタカナに当て字の
選手ばかりだったりするかもな。

投稿: ひらたい@予定の無い土日 | 2006年7月 9日 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静かに戦う | トップページ | 俺が怖いか! »