« ただ、ひたすら | トップページ | 春が来たりてめでたくもなし »

2006年12月30日

rit.

rit.


・実家。

・神戸から北に、さあ帰ろうかというその朝に寒波来たりて
 大雪となり、写真のような風景となってます。

・雪の降るさなかヒヤヒヤしながら
 ノーマルタイヤ・静岡ナンバーの車で走りました。

・再三言っている通り、今年の野郎にはひどい目に
 遭わされたのです。
 簡単にいうと、二回失業して一回失恋したのです。

・じっとしているからさぁ早く行ってくれ!と言っても
 二十日を過ぎたあたりからリタルダンドがかかって
 いるかのようにテンポゆっくりと過ぎ行く日々です。

・以下最近の出来事。


・ルミナリエの話。

・全国各地からおばちゃんが来た。
 一個大隊で来た。数珠繋ぎになって来た。
 右翼の街宣車も来た。

・寒い日はおばあさんがベンチで身を寄せあって
 暖をとっていた。厳寒期のペンギンと同じか。

・JRのカードを一日300枚ほど、売りまくった。
 そのカードが使えないはずの名古屋の人にも
 「売れてなさそーな顔しとるからな」
 という理由で買ってもらった。

・「困った顔をさせたら右に出るものはおらへんな」
 と、営業の人に言われた。


・ノロったかもしれん。

・車でFMを聞いていたらパーソナリティが
 「うちの家族みんなノロっちゃったんですよー」
 と言っていた。もはや動詞になっているのか。

・で、その日の晩は岐阜まで出かけて忘年会
 だったのだが、途中から胃が食べものを
 受け付けなくなり、せっかくご馳走になった
 おでんを全部多治見市の下水道に返却する
 羽目になりました。

・翌日ぐったりしながらも名神でなんとか帰って
 仕事したけど、ノロったのかどうか。

・ノロウィルスが流行って一番大変なのは、
 全国の野呂さんじゃないかと思う。
 例えば函館市在住、小学四年生の野呂くんの
 あだ名は確実に「ウィルスくん」になっているの
 ではないか。


・家族の話。

・母はテレビのフィギアスケートを凝視するように
 観ている。それで御飯がなかなか終わらない。

・司法書士資格の勉強をしている弟と帰りがけ、
 昼どきのあるメシ屋に入ったらボソッと一言
 「労務者ばっかりやな」
 どうやら試験勉強してると日常会話まで専門用語になるようです。


・CMの話。

・♪酢っとこどっこい 酢っとこどっこい
 …が頭から離れません。なんとかしてください。


・いろいろ考え込むことは多いですが、今はただ年が暮れるのを
 見送ります。
 
・皆さんよいお年を。

|

« ただ、ひたすら | トップページ | 春が来たりてめでたくもなし »

a.おだやかな日常」カテゴリの記事

c.携帯日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ただ、ひたすら | トップページ | 春が来たりてめでたくもなし »