« rit. | トップページ | 悲しくないのに涙が出ちゃう(入院記・上) »

2007年1月10日

春が来たりてめでたくもなし

R1shizuoka

・2007年最初の日誌です。
 
・推定読者数、十数名のこのブログを読んでいただき
 ありがとうございます。
 本年もよろしくお願い致します。

・細々と続けてきた「グラスホッパー日誌」ですが、
 今後も平田の消息がわかる唯一のメディアとして、
 もっと細々と続けていきたいと思います。 
 
・振り返れば、まだWeblogという言葉も見当たらなかった
 (昔はWeb日記とかWWW日記って言ってたような)
 2001年から日誌を書いているわけです。
 
・静岡大学堀田研にいたころは、もう周りで巻き起こる
 出来事、事件、大騒ぎ、わーわー(研究じゃないのか)を
 そのまま、できるだけ生きのいい状態で文章にすれば
 よいネタになったわけです。

・卒業後も、浜名湖花博や、岐阜の花フェスタ、愛知万博に
 モーターショーと自分がどうこうする前に勝手に状況が
 動きました。大抵はドタバタの方向に。それを書いていました。

・さて、いざ長い冬休み(長いですね)に突入するともう観察する
 対象が無い。身内をイジるか、あるいは自分の内面を切って
 出していくぐらいしか書くことが無いのです。

・自分について書くことは自分と向き合うことです。
 そこで気づかされたのは、
 「自分は何を蓄積してきたか」ということです。

・これまでの仕事なんて、ほとんど大学時代の貯金で
 やったようなものです。じゃあ次を見据えて何か
 (スキルとかキャリアとかなんとか)の貯蓄をしてきたか
 というとあやしい。薄い。

・大学時代の貯蓄は明らかに自分を助けてくれましたし、
 もっというと小中学校の頃の勉強の貯蓄で、大学に
 はいれたわけだし、兄弟の中でダントツに親類縁者ウケが
 よかったが為に、今こうして超快適な居候生活が
 できているわけだし・・・。

・そんなわけで今年は、何か自分の中に貯めていくことを
 心がけたいと思います。師匠に比べるとレベルが違うけど、
 充電です。
 
・ルミナリエの給料がドサッと、ではなくポソッと入ってきます。
 自分のために使います。勉強します。
 髪を切ります。メガネを変えます。
 ある程度好き勝手やらせてもらいます。

・昨年より、若干いい年にしたいです。

・以前、Mカミさんより
 「よってたかって心配されてアンタうらやましいよ」
 と、言われました。

・その点については同意しますが、
 ごめんなさいしばらく好き勝手やると決めてしまいました。
 せめて心配が拡大しないように、
 感謝を忘れないようにします。

・ブログの中身の話が途中でコースを逸れてしまいました。
 ・・・で、何書きましょうか?
 なんかこれについてもっと書けよ、とかあります?
 そもそも挫けてばかりいないで更新しろよってことかな?
 リクエスト受け付けますよ(なげやり)。


#追記
 鼻炎の手術のため、11日より1週間前後の予定で
 入院してきます。これもまぁ自分のための投資か。

|

« rit. | トップページ | 悲しくないのに涙が出ちゃう(入院記・上) »

e.挫折ホイップ」カテゴリの記事

j.まとめ日誌・お知らせ」カテゴリの記事

コメント

入院したとウワサで聞いてきてみたら、鼻炎か。なんだ、つまんねえの。

今年は面白いことをしなさい。
FUNじゃなくて、INTERESTINGのほう。

投稿: hig | 2007年1月14日 17時07分

一読者のまいづるです。

ワタクシは高校時代の貯蓄を取り崩しながら、大学・大学院・社会人をやってますよ。

大学3年のときに、高校3年期首がピークだったと感じて以来、そのまま7年間も滑空の日々です。。

投稿: まいづる | 2007年1月15日 00時37分

>higさん
そう、たいしたことないと思ってたけどね。
12日に手術して、その夜だらだら再出血して結局まる二日、昨晩までベットから起き上がれませんでした。
面白いのいらない!平穏無事に過ごさせてください。

>まいづるさん
あのころがピーク、って考えるとむなしいですね。
今が全%8

投稿: ひらたい@ベット上からお送りします | 2007年1月15日 10時55分

あらためて、
>まいづるさん
あのころがピークって、考えるむなしいですね。。

今を生きよう!
僕らは常に登り坂を行くのさ!
とりあえずパラマウントベットの角度を上げた体勢からお送りしました。

投稿: ひらたい@いしきをうしなったようです | 2007年1月15日 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« rit. | トップページ | 悲しくないのに涙が出ちゃう(入院記・上) »