« たぬききつね問題 | トップページ | 見まつがい »

2007年4月 8日

♪うごかへ~ん おもたとおりにうごかへ~ん

・また通勤中の出来事なんですが、

・こないだまで小学生~大学生は春休みで、朝の電車にも
 USJなどに遊びにいく、家族連れや学生のグループがいて
 にぎわっていました。

・ある日、込み合った車内の中で、立って新聞を読んでいると、
 自分すぐ前に小学校高学年らしき3人組の女子がいて、
 声をひそめクスクスと楽しそうにしゃべってたんです。
 
・そのうちの一人が、ひらたの広げてた新聞の
「経済小説の第一人者 城山三郎さん死去」
 という、最終面の記事の大きな写真を見て、

・「このおじさんな~うちとこの遠い親戚やねんで、
 お母さんがいうとった~」
 と切り出した。

・ほうそれで、と思って耳をそっちに傾けてみたけど
 その続きは特になく、

・「♪とおい~とおい~しんせき~」
 と、歌いだした

・「♪とおいとおいとおい~~しんせき~」

・他の2人も「しんせき~」のところで声を合わせて
 「♪とおいとおいとおい~~しんせき~~~

・それがしばらく続いた後子供らは電車から降りた。

・それがあったからその日一日は
 頭の中で、♪とおいとおい~しんせき~~

・子供が即興で作る歌って、すごいね。魅力的。
 
・歌うこととって余裕の現われのような気がします。 
 仕事中も、口には出さなくとも、
 
・「♪うごかへ~ん おもたとおりにうごかへ~ん」
 「♪エラ~エラ~ばっかり~」
 「♪まちがった画面が~10倍になって~もどってく~る~」
 「♪ざんぎょ~ざんぎょう~今日は22時コースにしとこ~ぅ」
 「♪あたまが~いた~い~でも後頭部に違和感はな~い~」

・などと歌うと、困難な状況も多少は和らぐんじゃないでしょうか。
 たぶんな。
 (実装を担当してないので、最初の2行はひらたの想像です)

・さぁ日曜やし、布団しいてはよ寝よか。
 ♪かけぶと~ん しきぶと~ん
 …出典:このブログの記事より)

|

« たぬききつね問題 | トップページ | 見まつがい »

a.おだやかな日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たぬききつね問題 | トップページ | 見まつがい »