« [日誌]近況と桜と抹茶のケーキ | トップページ | [日誌]組写真3 »

2008年3月18日

[Web0.2]エレベーターレモン

・最近したこと。

・確定申告。国税庁のページで先に入力と印刷を
 済ましておけばえらい楽。窓口は30秒で終わった。 

・福井行き。
 スキージャム勝山で今シーズンの滑りおさめ。
 めがっさ広い。次はもっと寒い時期に行きたい。
 白山温泉の立ち寄り湯に浸かる。ヌルヌル。良し。

・芦屋の図書館に入り浸る。
 ぬう、この財政力・・・と言わざるを得ない。

・白飯を5キロ買ってきて、たくさん炊いて、細々と食べる。
 「味の向こう側」を目指してます。

・人妻らと高架下を歩く。楽しい。

以上。

・で、以下は週刊アスキー「WEB0.2」への投稿の記録です。

・今週号(4/1号)で一点掲載。
 前の掲載は2ヶ月前なので、かなり久しぶり。
 まぁ自分の実力だとこれぐらいのペースかなぁ。

【お題】
レモン1000個ぶんのビタミンの量を、レモン以外でたとえてください。

[回答]
>男子高生のすっぱい青春3人分

>男子中学生の『俺の野望ノート(秘)』3冊分

>世界の悲しみ1秒分

>おれの全て

>気にすんな

>細けぇこと言うな

>たくさん

>松崎しげるの肌が若干白くなるぐらい

>「ビタミンが・・・ビタミンが・・・うわぁー!」
 って、夜うなされるくらい

>一粒300メートル

>カケルくんがもらった勇気の量とほぼ同じ

>ヒデキ:「Y・Y!・M・M!・CCCCCCCCCCCC・・・」

>「お侍様、お願いだす!どうかそれだけは!
 そのビタミンを持って行かれるとワシらこの冬を
 越せませんだ!」

(全回答数:523 ひらたの回答数:16)
-------

・上のお題の回答が1点、掲載されています。
 是非ご確認を。まぁすっぱい回答ですが。

・お題もう一つ。これはまだ未掲載のものです。

【お題】
エレベーターに閉じ込められて非常通話ボタンを押したら、返ってきた答え。

[回答]
> 「いらっしゃいませー。ぽんぽこぽーん」

>それでは歌っていただきましょう、曲は『閉じ込められて…夏』

>オチがついたら床がパカッと開きますから。

>どした?
 エレベった?エレベったんだべ?

> 「注水開始。」

>マスタードガス・青酸ガス・イベリットガスの三つから
 選べるけど・・・どれにする?

>へんじがない。 ただのくぼみのようだ。

>そこから外に出たとしても、
 待っているのは絶望だけだろ

>欽ちゃんが「おーしかったよぉー、あーと1階
 足りなかったぁー、ごーめーんよー」って。

>「ジャンプアップチャ~ンスッ!さぁ!挑戦なさいますかっ?」

>「あなたをこんな子に育てた覚えはないの!
 しばらくそこで反省なさい!!」

>「すみません、セルフなんです」

>「ここが君の職場だ」

(全回答数:775 ひらたの回答数:16)
------------------

・あ、しまった!エレベった。

|

« [日誌]近況と桜と抹茶のケーキ | トップページ | [日誌]組写真3 »

b.おおぎり・WEB0.2」カテゴリの記事

コメント

人妻ってHシマさんじゃねぇだろ〜な〜笑

投稿: きだむ | 2008年3月18日 22時57分

北陸エリアって滑りに行った事がないのですが、こんな大きなスキー場があるんですねぇ


ファンタジーとかイリュージョンとかコース名が若干アレですが(笑

投稿: ごうわん | 2008年3月19日 13時23分

>・芦屋の図書館に入り浸る。
> ぬう、この財政力・・・と言わざるを得ない。
 
地震の前ですから、もう15年近くムカシのことになりますが、松〇町から甲子園に引っ越すときにあそこに本を寄贈してきました。2000冊くらい。(笑)
両親が相次いで死んだ後のことで、引っ越しに際して近所なのをいいことに図書館の窓口で寄贈の方法を訊いたら、面倒くさそうに持ってきてくださいと言われました。
それならば、ということで自家用車に車高が沈むほど段ボール箱に詰めた本を載せて持って行ったら、向こうが驚いていました。涼しい顔をしながら、(なにしろ2000冊ですから)あと3回ぐらい持って来ますよと言ってみたら、館長が出てきて挨拶をしてくださいました。
吉川幸次郎全集だとか焼物の本や歳時記のたぐいがあったら、それは僕の父か僕の本だった可能性があります。
最近は行っていませんが、カウンターを正面に見て左の奥のゾーンはいろいろ置いてあって楽しいですね。

投稿: ベンジャミン | 2008年3月19日 13時39分

>きだむさん
まさかのハマシマさん!・・・ではないね。

>ごうわんさん
遠いけど、たまに行くならといい所だと思いますよ。まったく別の性格のスキー場が二つくっついているような印象です。
「イリュージョンエリア」って「幻想」っていう意味でつけたんでしょうけど、リフトを乗り継いで登ったり下ったりを繰り返したところにあるので、「こんなところにこんなもんが!」っていう驚きは確かにありました。

>ベンジャミンさん
2000って!すげぇ。
渡されたプリントに「こんな本があれば寄贈してください」ってタイトルがズラズラと書かれていたので、結構な量が寄贈で入っているんでしょうね。芦屋っていう土地柄もあって成り立つんでしょうですけど、ムダがなくていいと思います。

投稿: ひらたい | 2008年3月19日 14時59分

う~ん、ハードカバーの値打ちがありそうなのとか、和綴じの本とかを中心に寄贈したのですけれどね、いま手元の鉄道関係の本だけで800冊を突破しているアリサマでして、どうしようかと考え中です。(笑)
寄贈キボンヌのプリントを配っているのですか?
今度足を運んで、見てきます。どうせ、打出の駅から南に下った酒屋に用事があるのですよ。
それでなくても、うちこちのギョウザは食べたいし、あんかけ屋にも行きたいし、それから炭やの焼き鳥もしばらく食べていないし…

投稿: ベンジャミン | 2008年3月19日 19時13分

hitoduma..

投稿: hig | 2008年3月20日 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [日誌]近況と桜と抹茶のケーキ | トップページ | [日誌]組写真3 »