« [日誌] 東京オイスター | トップページ | [日誌] エコー »

2008年8月 7日

[日誌] 消火器の人

・こないだ職場の飲み会で、「なんかこれまで話したこと
 ないような経験談が使えるかどうか試そう」と思い、

・「小学校の卒業式の日、何かのきっかけで
 友達にブチぎれて廊下にあった消火器を手に取り
 ブン投げたんだけど1メートルも飛ばず、
 自分の非力さに愕然としながら卒業した。

・というエピソードを披露したら翌日から
 「ヒラタといえば消火器」
 のような扱いになった。インパクトありすぎた。

・同じ部署の人が、
 「よそからの依頼を断るときにはヒラタは消火器を持て」
 とか
 「『うちの社員は消火器を投げるぞ!』って書いてある
 Tシャツを作ろう」
 などと言ってる。まぁ1人なんだけど。

・ある夜、仕事に詰まってうなっていると、
 「まずい、ヒラタがうなりだした!消火器を隠せ!」
 と言う。 

・このままではフロア全体で「消火器の人」として
 有名になってしまうのか。

・・・・

・うーん、どうにも中途半端だなぁ。
 二宮金次郎でも投げればよかったのか。

|

« [日誌] 東京オイスター | トップページ | [日誌] エコー »

a.おだやかな日常」カテゴリの記事

コメント

「消防署の方から来た」消火器詐欺VS消火器のヒラタの頂上決戦が見たいです

投稿: ごうわん | 2008年8月 7日 11時22分

投げたら負けだな。
「はい壊れたー」って売りつけられるから。

投稿: ひらたい | 2008年8月 7日 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [日誌] 東京オイスター | トップページ | [日誌] エコー »