カテゴリー「f.某協会事務局日誌2006」の11件の記事

2006年8月31日

もう、ぬっけん

・今担当してる仕事。

・職場のWEBの更新
 ・・・是非みて下さい、○○県サッカー協会。。

・その他製作物づくり
 ADカード(アクトディレクションカード)
 年間の事業計画・事業報告をまとめた冊子
  ・・・4月5月はこれを作ってて一日中、
    トーメント表やリーグ戦の表とにらめっこしてた。

・小中学生の調べ学習、総合学習の相手
 ・・・月に一度ほど来ます。質問がかなり幅広い
   少なくとも小学生は、協会に聞けばサッカーのことは
   なんでもわかると思っている節がある。
   「ロナウジーニョの一生」について聞かれたりする。

・こんなもんです。

・で、明日。

・どう考えてもやる事がなにもなくなった。
 どうしよ?

・月曜が大会結果とかまとめることが多くて、
 WEBの作業がほぼピーク。

・火曜にサーバーのある会社に送って、
 テストページにあげてもらってチェックする。

・基本的に水曜にアップしてもらう。
 
・水木からもう次の週についての、内容を作る。
 
・今週については、木曜午後5時に全部済んだ。
 WEBの内容についてはもう月曜にならんとこない。

・うん、なんもないな。


・忙しかった頃は忙しかった頃で
 「ああもう、いやん!」と思ってたけど、
 やること無い方がよっぽど、ああもう、いやん。

・もっというと、
 「信頼がなくて仕事まかされない」ってのが、
 いやん。

・もう24時、ねむいけん、ぬっけん。

| | コメント (5)

2006年8月24日

雑感 '06

・↑日誌を書くのはいいけど、タイトルがまったく
 思い浮かばないときはすべて「雑感」です。

・仕事柄、たくさんサッカーの試合を見ましたが、
 今更ながらおもしろいですね、Jリーグ
 でなくてアマチュアサッカーが。

・これから流行るのは、
 高校女子サッカー(うちの県で毎年全国大会をやってます)
 フットサル(来年から全国リーグが始まる)
 JFL(J2に昇格できるチームがどれだけでるか注目)
 です。まちがいない。

・仕事の範囲がそうだから当たり前だけど、
 Jリーグ以外のことについて無駄に詳しくなりました。
 暇な時、日本協会のページをハジから端まで
 読んだんですが、理事会の資料とかそのまま
 出てて面白いですよ。

・仕事以外の話。

・お盆の時期、二日有休をとって土日とつなげて
 4日間帰省してきました。

・母に携帯メール(Cメール)を始めるよう勧めて、実際
 教えたんですが、いちいち反応が面白かったです。

・外出してた妹とやりとりをするけど、
 来たメール来たメールにすべてに返信するので
 いつまでたっても話が終わらない。
 しかも一回一回が長い。
 「いつ止めたらええの?」って聞かれてもなぁ。

・父は・・・リフォーム魔になっていた。応接間を
 作るに留まらず、今度は納戸を部屋に改造した上、
 自分の大工作業スペースも出来ていた。

・妹は知らん間に20歳になっていた上にミクシィを
 始めていて、「兄はやってないの?」と聞かれた。
 ・・・恐ろしいことに今、身内がマイミクです。

・兄はすれ違いであえなかったが、父の命で
 兄の部屋にあるマンガ・小説を納戸に運ぶ作業をした。
 納戸の6畳の部屋の半分が本で埋まった。

・弟、変化なし。

・自分、も変化なし。


・再び職場での話。

・職場のデスクの上にある、卓上カレンダー。

・富士山の色々な写真が12カ月分。今日気づいたんですが、

・タイトルが 「ときめきの富士山 富士萌え」 でした。

・ときめいた上に富士萌え 萌える富士 富士山が萌える季節

・いや、誰もあっちの方の意味では言ってないですよ?

| | コメント (0)

2006年7月 6日

逆風を感じるのはあなたが走り出したから

・FIFAワールドカップ2006の日本代表チームについて
 いち観戦者としての自分なりの総括

 対オーストラリア戦  :致命傷
 対クロアチア戦    :生殺し
 対ブラジル戦     :とどめ
 
 ナカタ引退宣言  :お葬式の花輪

・結局2週間かけて、じわじわと逃げ場を塞がれ、
 なぶられたあげく敗北という、これ異常なく
 残酷なやられかた。

・いやーつらかった。

・ついでに言うと日本代表の試合結果と
 呼応するかのように、仕事その他ひらたの
 日常生活も負けっぱなしです。

・結局僕らは、日本人であって、決定力が
 無いだとか組織と個人の間で揺れ動くとか、
 気持ちで負けているだとか、
 気を使うばっかで有益な衝突が無いとか、
 いろいろと日本代表チームに対して
 投げかけられる言葉は そのまま僕らにも
 帰ってくるものだと思います。

・まさに日本代表。
 そして、ああ自分もどうしようもなく日本人。

・いやーつらいわ、今。(でも泣かない)

| | コメント (2)

2006年6月21日

静かに戦う

・ワールドカップ予選はご存知の通り、
 衝撃的なやられっぷりで・・・。
 (日誌かいてる日はクロアチア戦の翌日)

・オーストラリア戦の次の日は職場が静かでしたよ、
 もう、電話もあんまり鳴らないような。

・自分が何とも言えた義理は無いけど、
 一部の解説者の方も言っている通り、
 オーストラリア戦にしてもクロアチア戦にしても
 日本代表が実力どおり100%の力を発揮
 したからこそのこの結果なのかなと、思う。

・いやその世界との差があるという意味でなく、
 「これがサッカーです」っていうことを教えて
 くれた試合じゃないかなと思う。
 実力差がないほんとの全力勝負ってこういう
 もんじゃないのか。

・特にオーストラリア戦はああいうスコア差でしたけど、
 わずかな運やタイミングの違いでなったってことで。
 別に逆に日本がダメ押しして3-0で勝っても
 おかしくなかった・・・ってよくある負け惜しみですかね?
 
・それにしても、今回のワールドカップは単なる一ファンって
 言うよりも飯のタネですよ。そりゃ日本のトップチームが
 勝たなきゃ今後の
 サッカー界の行方が不安→支部も不安→仕事も不安
 ・・・いや大丈夫。

・今サッカー選手を志す子どもらのためにも、
 次ブラジル戦は、結果はどうあれいい試合をして欲しい。

・なおかつ、負け即批判みたいな雰囲気にならないで
 ほしいなと願います。(ってまた負けた時の準備?)

・ワールドカップ中も仕事は通常業務。
 むしろ一般のリーグ戦などが行われてないため
 静かです。
 
・静かな中、職場でも戦っています。

・問題は、職場の女性陣のほとんどに目もあわせてもらえない
 と言う点。

・いかんともしがたい状況なので2ヵ年計画ぐらいで、
 じっくり改善に取り組んで行きたいと思います。

・(泣ける)

| | コメント (5)

2006年6月10日

サッカー分が足りない人へ

026812600000

川淵三郎著「虹を掴む」 講談社

・ワールドカップ始まったけれども、いまいち盛り上がりが
 足りない人に川渕キャプテン入魂のこの本がお勧めです。
 協会にも献本が来たので読ませていただきました。
 (おまえは買わんのかいという突っ込みは正面から受けます)

・一晩で読みました。めっさ面白かったです。

・自分がワールドカップについて記憶にあるのは90年
 イタリアからか。そのころの、実業団スポーツのひとつ
 であったサッカーを知ってるような、
 でも知らない世代です。

・サッカー好きな20代以上の人にとっては、プロリーグ
 発足以前の黎明期の話、Jリーグ発足・参加チーム
 選考の話、そしてJリーグバブルとその崩壊後の話、
 全部がもう知りたかった話ばかりかと。

・サッカー知らなーい、川淵キャプテンって何する人ー?
 だいたいなんで「キャプテン」?
 なんていう人にとっては、日本のサッカーにはこんな
 歴史があって、こんなおじさん達が支えてきたか、
 と勉強になると思います。
 
・今現在の、Jリーグが当たり前にあって当たり前に
 ワールドカップ日本代表で盛り上がってる状況なんて
 のは、20年前からすると夢のような状況なんだよ!と、
 誰がこの本を読んでも、飲み会の席でそのように
 熱弁することでしょう。

・一人称視点の独白なので、日本サッカー協会正史、
 とはいかないでしょうけど、現会長がこれだけしゃべってる
 というのはやはり強烈。強烈なスルーパスでした。

・こないだまで何も知らなかったのに、にわかですいません。

#個人的にびっくりした話、
 今の職場のボスはどこか載ってるかなー
 →と思ったらあった
 →ボス:プロリーグ発足前あるチームの監督をしてた
 →何とかリーグに加盟するため、川渕さんに直談判した
 →「マラドーナでも入れればなんとか」と言われた
 →マラドーナを獲得すべくイタリアに飛んだ
 →えー
 
#上司に、こんな話が載ってましたよ、と言ったら
 「あーその話はもう3回ぐらい聞いたな」
 とのことでした。

| | コメント (0)

青い日常

・ワールドカップ期間中、このブログも青っぽくなります。

・仕事の対象がサッカー、新聞読んでもサッカー、TVで見るのはサッカー、
 日常のすべてがサッカーに侵されてベッケンバウアーです。

| | コメント (0)

2006年5月29日

思案橋

・一つ前のエントリ、試しに箇条書きをやめてみたら
 案の定、めっさ長くなったのでやめ。

・仕事が変わって、5月も終わる。
 淡々と働いてます。

・出勤は毎朝8:50分、終わる時間は18:30ぐらいで
 落ち着いた。

・予想より、生活費収支のバランスは良くならず。
 秋までなにかと我慢の日々が続きそうです。

・はなまるうどんで、うどん定期券なるものを購入して、
 毎日一食はうどん食ってますうどーん。

・夢にまで見た、5勤2休の生活になってそれはそれで
 いいリズムなんだけど、前の仕事の
 定時というものが無く週末ガツガツ働いて休みは
 「休める余裕があるもんなら休んでみな」
 という仕事の間隙をついて休む、そんなやりかたも
 懐かしく思えるもんです。

・自分は、イベント製作の仕事でガツガツやってく
 道を降りた。降りたこと自体は悪くない選択だったけど、
 未だに、業界にチャレンジして負けたようなイメージが
 離れないのでどうしたもんかなぁ、と思います。

・事務所にはほんとに色んな人が訪れてきて、
 にぎやかなもんです。
 
・こないだは、中学校の総合学習でワールドカップについて
 調べているという生徒が来て相手をした。こないだまで、
 シロウトだったのにまぁ
 「ワールドカップとオリンピックの違い」
 「**県の代表選手が多い理由」
 なんかを答えるわけです。

・ついでに大学のときの研究の癖で、発表方法や
 メディアについて聞いてみたり、
 「出典は明記して自分の意見と写して書いたことは
 分けてわかるようにしてね」 とか言うわけです。
  
・夕方、突然おばちゃんが来て「娘がサッカーに関係した
 仕事を希望しているが、どこか何か募集しているのは
 無いか?どういったところを探せばいいのか?」
 と相談されたことがあった。
 じゃあ娘が来いってな話だけど、
 そうやって乗り込んで来れるのも娘の将来を案じる
 思いのなせる業か。

・まぁ適度に答えたわけですが、自分のアクロバットな
 転職の仕方を考えると、何とも言えなくなる。
 結局すべてはめぐり合わせです、だと答えにならないし。

・うん。迷いは無用、淡々と間違えなく仕事。

・となるとブログのネタ分は減少、の方向ですね。
 一年前の群衆と戦ってたネタのような日々は終わり。
 
・今ここでは、なんちゅうか、切ったら血が出るような話がしたいです。
 
(・しばらくしたらまた飽きると思うけど。。)

| | コメント (0)

2006年5月15日

出世は捨てる、キャリアは捨てない(加筆版)

 車でFMを聴いていたら、CMでそんなセリフが流れて
ちょっとビクッとした。

 世間は五月病の季節だけど、まだ自分の気持ちはフレッシュ
です。協会の裾野の広さに日々驚いてます。協会は社会人・大学高専の「一種」から、小学生の「四種」までのほか、キッズ、女子、シニア、ハンディキャップなど各種別委員会から成ってて、そこで
役を持ち実際の育成強化、試合運営などを行っている方は、ぼぼ全員が本職を持ち、サッカーにかかわる部分はボランティア、ということが多い。中心は学校のサッカー部関係者や、地域の少年団の熱心な指導者(で、本職は自営業)というところでしょうか。
 
 自分のような職員が関わっているのは、現場の果てしない仕事量からするとごく一部なのだろうと思います。協会事務局の主な業務としてあるのが選手の登録業務ですが、その数46,000人強。
 
 ワールドカップも近いわけですが、今代表の座にある選手は、小・中・高とそういう地域の指導者に育てられ、地域の支部の選抜に選ばれ、県のトレセンに呼ばれ、やがて日本協会の担当の目に留まって、ユース代表に・・・という流れで数万分の一という今の地位を得た選手が多いようです。日々、様々な役員・指導者の方が
協会を訪れますが、こういう地域のおじさん達の尽力が世界につながってるんだな、ってことが実感できて感慨深いです。・・・ああ、協会の話をするといつまでたっても本題に入れない。サッカーについてはまた別の機会にします。
 
 本題本題、っていってもたいしたことではない、5月の連休で実家に帰っていたとき、父親をじっくり観察・分析したのです。人生の先輩として興味がわいた。
 
 58で仕事を退職して一年経った父は、あきらかに雰囲気がおジィになっていてこのまま老け込んでしまわないかと思ったけれど、4月から地区の自治会長になってたり、田んぼも畑も今年はある土地全部使って作物作るそうで、忙しくしているようです。
 
 父が2000年にパソコンを買ったとき、プリンタから何から揃えたくせに1年間ほったらかしにして、息子の私がもったいねぇわー!と奪いとって譲り受けて大学で使ってたという経緯があった。で、2005年に買ったパソコン。自治会の書類や、同窓会の名簿、年賀状といったちょうどいい
利用目的があったのでそれなりに活用されているようです。
 
 父にワードやエクセルの操作を教える代わりに、夕食のときに色々質問攻めにした。聞きたかったのは、早期退職した理由でした。まったくもって仕事のことは話したがらない父だったけど、今だから聞ける話がいろいろあるのです。
 
 父は実家の町役場で働いていたのですが、2005年町が周辺自治体と合併して市制に移行する前日に、つまりは3月末に退職したのです。退職の話を聞いたとき、まあ合併が原因で辞めることになったのかなと思っていたのだけど、ちょっと違うようで。

父の話によると、
①本当は56ぐらいでもう退職したかった。その時点でもう
 老後の蓄えは心配ないほどであった。(まじでか)
②だけども周りに引き止められつつ一年が過ぎて、
 そんなときに町の合併が決まった。ほなそのときに、
 ということを決めた。
 父曰く、
 「皆にいい引き際だと思ってもらうには十分やろ」という。
③町長から、それでもあと一年はやってくれと、市民局の
 部長職を準備して説得されたけど固辞した。ならば誰かを
 推薦してくれと言われ、父は課長級の中で一番仕事を
 知っていて行動力もあるという(父曰く「自分とは正反対
 じゃ」という)人を推した。結果、課長級のなかで一番
 若かったその人がそのポストについたという。

こんな感じでした。なんだか後半自慢話じゃないかって気がするけど。
 
 自分が高校生のとき父に「もっと上(出世)は目指さんの?」というちょっと不仕付けな質問をしたときの答えは、
「出世してもろくなこと無いわ、忙しいだけじゃし、まったくむいとらん」 といった感じでした。これを聞いたときの自分は、若さゆえに反感を感じたりしたものでしたが、今はまったくもって合点のいくことです。
 
 加えて昔のことを言ってしまうと、父は出張などで遅くなる日はあっても、基本的に自分ら子どもが登校したあとに出勤し、部活が終わって帰ったころにはもう家に帰ってました。そんなとき中学生の自分は・・・若さゆえに(←多様)こんな地方公務員なんかなるもんかと決意していたのです。あー、わかってなかったなぁ。
 
 私が感心したというかすごいと思ったのは、父は30余年、仕事に振り回されることなく、身体も壊さず、4人の子どもを育て、余裕のある資金を確保した上で、周りに迷惑もかけずにさっさと
早期退職した。でもって今は田んぼと畑と庭いじり、悠々自適の生活を送っているということ。
 
 母が今も現役で働いているので、誰とでもくらべられることではないけど、なんだこの理想的な終わり方は!と思ってしまう。
 
 私が、2年間全国あちこちで働いて、疲れて、悩んで、っていうのがばからしくなるほどです。いや実際両親の世代と比べてしまうと、時間で見ても内容で見てもいかに日ごろの小競り合いがちっぽけなことかと思います。
 
 これまでの自分の社会人生活、でかいこと言った割に所詮コップの中の嵐だった(ちょっと使い方違うか)かと思えてきた。う~ん、どうも言葉にならないけど、
「夢や野望を語る前にまずその実現時点から
逆算してさぁ、今の自分はどうなんよ、これで
ほんまにあんた夢語れますのか」
ということを考えてみなさいってことがわかりました。う~んわけわからん文章。

 春にいろいろ仕事について考えたせいか、ずいぶん発見のあった帰省でした。
 
 あ、それと父の話を聞いてる限り、普段言われている「真面目にやってりゃいいことある」にプラスして
「したたかにやってかないとお前会社に使われて終わるぞ」というメッセージを受け取ったのでした。解釈間違いでなけりゃいいのですがね。 

#書いたはいいがこんな長い文章誰が読むんだ

| | コメント (4)

2006年4月27日

はりきって買ったスパイク 5000円

・こんにちは、散髪代は1500円のひらたです。

・週一回の草サッカーに参加することになり、
 いよいよ生活がサッカーになりつつあります。

・生まれてこのかた体育か昼休みでしかサッカーを
 したこと無いのに、サッカー王国に生まれ、
 サッカー小僧かつ競技者だった人達に対抗できるのか、
 いやできない。
 せいぜい邪魔しないようにするだけ。
 
・だが結果、初回から人が足りないということで
 20分ハーフでフル出場した。
 
・とても前線には出れないので、ずっとDFをしていた。
 オフサイドを宣言されたけど、いざそうなってみると
 「どこにボールを置く?」
 「どこからリスタートなの?」
 「もう蹴っていいの?」
 などさっぱりわからず固まってしまった。
 ああ、これがゲーマーと競技者の違い。

・実際やってみて驚いたのは、味方・敵共に試合中ずーっと
 何かしら叫んでいるということ。
 「右空いてるよ!」とか「フリーフリー!」とか
 「そこ簡単に!」など。
 
・あきらかに自分に見えていない何かが見えているらしい。
 いやそもそも、自分呼吸ができてないので叫べない。
 やってる人にとってはには当たり前なんだろうけど、
 いやすごい。(だれかサッカー経験者いません?)

・で、試合後の二日間は筋肉痛でした。
 なぜなんだろうあの、下から上に移動してくるのは。

| | コメント (0)

2006年4月20日

F

・26さいで、社会人3年目で、老け顔で、新人です。

・毎日スーツです。

・初めて6箇月定期というものを手にしました。

・職場に直接売りに来るヤクルトのおばちゃんに
 驚きました。えー!入ってくんのかこの人。

・15時ごろお茶の時間があります。
 えー!いいんすか。

・ある日9時に出て、17時半に帰れてしまいました。
 えー!まだ明るいよ外。

・ある日理事会があり、普通にエスパルスとジュビロの
 社長が来られてました。あと議事進行していた方が
 メキシコ五輪の代表の方でした。
 えー!お世話になります。

・いちいちフレッシュです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧